日独共同大学院プログラム

JSPSは、ドイツ研究振興協会(DFG)と協力して「日独共同大学院プログラム」(Japanese–German Graduate Externship -International Research Training Groups: IRTG-)を実施しています。

本事業は、日独の大学院間の交流を促進するため、日独双方の大学が一定規模の大学院博士後期課程の学生を相互に受け入れ、共同で指導することを支援することを目的としています。

  • 対象分野: 人文学、社会科学及び自然科学の全分野
  • 採択期間: 最長5年間
  • JSPSからの支給額: 1,500万円/年度(※1)
  • 支給経費の使途: 日本側教員・大学院生にかかる外国旅費・国内旅費、日本側開催の共同セミナー開催費用等
  • 申請要件: ドイツ側大学がfull proposalをDFGに申請済みであること(※2)

※1 日本側への支給額。ドイツ側に対してはDFGから支給されます。
※2 本事業は、ドイツ側はDFGのIRTGの枠組みにおいて採択されることとなっています。そのため、ドイツ側の申請スケジュール等はIRTGに従うものとし、draft proposalの提出・評価後、full proposalの提出が求められます。IRTGの詳細についてはDFGのウェブサイトからご確認ください。
http://www.dfg.de/en/research_funding/programmes/coordinated_programmes/research_training_groups/international_rtg/index.html

詳細はJSPS本部のウェブサイトからご確認ください。
https://www.jsps.go.jp/j-jg_externship/index.html